ツヤのある髪をキープするために大切な栄養素

より健康的な髪の毛を作りたいのであれば亜鉛を摂ることをおススメします。亜鉛は摂取したタンパク質を髪の毛と結びつけるために必要不可欠な成分なのです。また、薄毛を促進させるというDHTという成分の活性化を抑える働きもあるため、健康的な髪の毛を作ったり、薄毛を予防するのに役立つ成分だと言えるでしょう。亜鉛を多く摂取できる食品はというと、牡蠣、牛肉、豚レバーなどが代表的です。誰でも一度は、ワカメが髪に良いという話を聞いたことがあると思いますが、海藻類はヨウ素などの栄養素が含まれているので、健康には良いものの毛髪に直接作用する訳ではない、というのがこれまでの常識でした。けれど、海藻のフコイダンと呼ばれる成分が毛髪を成長させる毛母細胞を活性化させるIGF-1の素になっていることが分かったのです。IGF-1(ソマトメジンC)は、海藻類以外にも、大豆製品や唐辛子などの食品を摂取することでも増加します。最近では、ドライヤーやヘッドスパ、家庭用のレーザー育毛機器などの抜け毛や頭皮のトラブルを予防する美容家電が続々と発売されています。ドライヤーやヘッドスパの場合は、この機器自体で髪の毛を生やすというよりも、今の頭皮にある問題を解決して、育毛に適した頭皮に変えるという、補助的な意味合いで力を発揮してくれるでしょう。今、髪の悩みがあってタバコを吸っている人はすぐに禁煙しましょう。タバコは薄毛や抜け毛の原因とも言われています。タバコの成分であるニコチンは血管を細くする作用があります。血行が悪くなれば高血圧になりますから、頭皮に流れる血液も少なくなります。頭皮の状態が悪ければ、毛母細胞の細胞分裂が上手くいかなくなるので、育毛治療の効果を低下させます。育毛治療中には、タバコを止める方が賢明だと言えます。コラーゲンという成分を聞いたことがありますか?肌のハリツヤを良くするということで女性からの人気が高いのですが、薄毛や抜け毛の症状を改善する効果があります。健康的な肌質に重要な真皮層は肌の下の部分のことで、ほとんどがコラーゲンで、これが不足すればハリや弾力が無くなり、肌が老化します。これは頭皮も同じです。頭皮にコラーゲンが十分に満たされていると、新陳代謝が活性化して、育毛に適した頭皮になります。普通、肌トラブルというとニキビや炎症、そしてかゆみの症状を挙げることができます。実は、頭皮でも同じリスクがあり、合わない育毛剤を使ってしまうとかゆみといった肌トラブルに悩まされるかもしれません。効き目の副作用と思って甘く見ていると、反対に頭皮環境が悪化し、逆効果になる可能性があります。もし、頭皮に肌トラブルの症状が出てきたら使用を控えることを覚えておきましょう。一般的に、育毛専門の施設には、サロンとクリニックの2種類があります。サロンとクリニックの違いは、医療行為の有無です。育毛サロンは、症状にあった育毛剤を塗布したりマッサージによって、育毛に適した頭皮の土台づくりを行う施設です。それに対し、クリニックは、免許がなければ処方できない医薬品を用いた治療や医療器具で抜け毛や薄毛を改善するところという違いがあるのです。あまり意識していないかもしれませんが、運動不足は育毛の大敵です。運動すると、汗をかきやすくなって老廃物も体外に排出され、血行が良くなって新陳代謝が上がります。こうした効果は育毛にとって大切なのです。新陳代謝がスムーズに促されることは、イコール細胞が活性化したということになりますから、健康的な髪の毛が作られるのです。でも、運動それ自体に発毛効果が認められているのではありません。髪が生えやすい体質に変えていく、といった意味になります。iPS細胞といえば、2012年に京都大学の山中教授がノーベル賞を受賞した万能細胞のことを指しますが、iPS細胞が育毛治療に役立つことが分かりました。毛根を包み込み毛が伸びるための重要な組織である毛包が再生されたことがiPS細胞の再生実験で明らかになりました。技術が完成した訳ではないので、今すぐ使える技術ではありませんが、育毛技術の研究は日進月歩で発展しています。たとえ処方箋でも市販薬でも、使用方法を確認した時に副作用がゼロというような薬は存在しません。ですから、育毛剤にも副作用が存在しています。クリニックで処方されたものについては説明を受けますから、説明通りに扱えば、効果的に使えるはずです。ただ、海外の商品を個人輸入で使うのであれば、その育毛剤の使い方や副作用の現れ方などをきちんと確認してから服用することが望ましいです。
洗い流さないトリートメント 人気ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする